ホルモンバランスの影響を受ける女性の為の女性医療

女性医療は女性専門外来とも言われ、女性という性別を考慮したうえで医療を行う試みです。
女性は一生を過ごす間、大きなホルモンバランスの変化に襲われます。
思春期、妊娠、出産、更年期、更に言えば毎月やってくる生理でもホルモンバランスは変わってきます。
このような女性の体の仕組みを考慮し、理解していくことで女性医療の質が更に高まっていきます。
例をあげると更年期は、イライラ感、情緒不安定など他の病気の症状と重なる部分もあり、判別が難しい場合もあるかもしれません。
そこで医師が正しい診断を下せば、患者にあった治療を迅速に進めることも可能ですし、患者本人の負担も減らせます。
この女性のライフステージを理解して診断を下すには、医師側の女性のライフステージに対する知識や理解が必要になってきます。
患者側も日頃から自分の体調などを管理して、信頼できる医師に何かあったら相談できるようにしておくなど、ライフステージに合わせた準備が必要です。